メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラム軍事同盟

対IS サウジ主導で結成

イスラム圏の34の国・地域 イランは不参加

 【カイロ秋山信一】サウジアラビア政府は15日、過激派組織「イスラム国」(IS)などテロ組織に対抗するため、イスラム圏の34の国・地域が「イスラム軍事同盟」を結成したと明らかにした。エジプトやトルコは同調したが、ライバル関係にあるイランは参加しない。軍事行動や部隊派遣の詳細は不明で、イスラム教スンニ派の盟主を自任するサウジの影響力誇示という色合いが強い。

 軍事同盟は、テロ対策での協力をうたったイスラム協力機構(OIC)の条約を根拠に結成された。サウジなどペルシャ湾岸諸国、エジプトやトルコ、パキスタンなど軍事大国、過激派の活動が活発なナイジェリアやマリ、ソマリアなどアフリカ諸国、マレーシアなどが参加する。またインドネシアなどイスラム圏の10カ国以上が同盟結成への支持を表したという。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです