メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

大村さんと梶田さん、文科相にメダル披露

馳浩文科相(中央)を訪ね、ノーベル賞の受賞メダルを手に笑顔を見せる大村智・北里大特別栄誉教授(右)と梶田隆章・東大宇宙線研究所長=東京・霞が関の文科省で2015年12月15日、徳野仁子撮影

 ノーベル賞の授賞式を終えて帰国した大村智・北里大特別栄誉教授(80)と梶田隆章・東大宇宙線研究所長(56)が15日、文部科学省を訪れ、馳浩文科相にさまざまな行事の様子などを報告した。文科省は現在、来年度予算について財務省と折衝中で、馳文科相から「研究環境を支える経費が必要。このまま一緒に財務相の所…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです