大絵馬

魔が去る…「まさる」大切に 大津・日吉大社

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日吉大社の入り口に設置された大絵馬=大津市坂本で2015年12月15日、竹下理子撮影
日吉大社の入り口に設置された大絵馬=大津市坂本で2015年12月15日、竹下理子撮影

 猿を「神猿(まさる)」と呼んで大切にしている大津市の日吉大社が15日、さる年を迎えるために猿顔を描いた大絵馬(幅2.7メートル、高さ1.8メートル)を設置した。

 日吉大社は比叡山のふもとにあり、全国の山王信仰の総本宮。神が宿る比叡山から下りてきた猿を神の使いとしてあがめ、境内でも飼っている。正装姿…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

あわせて読みたい

注目の特集