碧南夫婦強殺

「闇サイト」受刑者に死刑判決…名古屋地裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛知県碧南市で1998年にパチンコ店勤務の馬氷一男(まごおり・いちお)さん(当時45歳)と妻里美さん(同36歳)が殺害された事件などで、強盗殺人、強盗殺人未遂などの罪に問われた住所不定、無職、堀慶末(よしとも)被告(40)の裁判員裁判の判決公判が15日、名古屋地裁であった。景山太郎裁判長は「冷徹に殺害行為に及び、生命軽視の態度は甚だしい」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は控訴する方針。【大野友嘉子、金寿英】

 堀被告は2007年に名古屋市千種区であった「闇サイト殺人事件」の実行犯3人の1人で、12年に無期懲役刑が確定している。無期懲役囚が別の事件で死刑判決を受けるのは異例。

この記事は有料記事です。

残り1276文字(全文1570文字)

あわせて読みたい

注目の特集