ラグビーW杯

政府保証で宝くじ財源に最大100億円準備

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

大会組織委員会の森喜朗副会長、明らかに

 2019年に日本で開催されるラグビー・ワールドカップ(W杯)大会組織委員会の森喜朗副会長は15日、大会を主催する国際統括団体「ワールドラグビー(WR)」から求められている政府保証として、政府が宝くじなどを財源に最大100億円を準備していることを明らかにした。

 政府関係者によれば事実上の債務保証で、大会…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集