メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FRB

米ゼロ金利解除 利上げ9年半ぶり、0.25% 金融政策正常化へ イエレン議長「緩やかに変更」

 【ワシントン清水憲司】米連邦準備制度理事会(FRB)は16日、2008年12月から7年間にわたって続けてきた事実上のゼロ金利政策を解除し、9年半ぶりに利上げに踏み切ることを決定した。政策金利の誘導目標を0・25%引き上げる。世界を巻き込んだ金融危機の震源地となった米国が、日欧に先駆けて異例の金融緩和策から脱却し、金融政策の正常化に乗り出す。

 FRBの利上げは06年6月以来。「0〜0・25%」としてきた政策金利のフェデラル・ファンド(FF)金利を、17日から「0・25〜0・5%」に引き上げる。イエレン議長は、金融政策を議論する連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で「政策金利をゼロ近くに保持した異常な7年間の終わりを示すものだ」と述べた。決定は全会一致だった。

この記事は有料記事です。

残り1550文字(全文1886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. 持続化給付金委託団体は「全員非常勤」 「隠した」出向者の名 野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです