メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村橋之助 先輩の胸を借りて 八代目芝翫襲名へ 顔見世興行、初春大歌舞伎で忠信

 来年の10、11月の東京・歌舞伎座で、亡父の名乗った中村芝翫を八代目として襲名する。「心配な半面、わくわくもするし、楽しみでもあります」と心境を表現する。

  ■  ■

 現在は26日まで京都・南座で「顔見世興行」に出演中。昼の部で演じているのが「義経千本桜 吉野山」の佐藤忠信実は源九郎狐(げんくろうぎつね)。相手役の静御前は坂田藤十郎。先輩の大きさに圧倒される日々と言う。

 「舞台に出るのが、こんなに楽しみなことはありません。舞台稽古(げいこ)の日におじさま(藤十郎)の前に出た時に、ピラミッドの前に立ったようで、自分の小ささを思い知り、父が常々口にしていた『先輩の胸を借りて芝居をすることが大切だよ』という言葉が実感されました」

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. 「朝、農場に入るのが怖い」 宮崎でまた鳥インフル 鹿児島でも関係者ら緊張高まる

  3. 大阪・北海道、11月の死者最多に 高齢施設、感染拡大 新型コロナ

  4. 日本新薬・大畑 主軸も務めたムードメーカーが4強進出後押し 都市対抗

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです