メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

東海道四谷怪談 不気味さ出す幸四郎=評・小玉祥子

 「お岩様」の幽霊で有名な演目に、塩冶判官の高師直への刃傷を説明する「発端」と塩冶浪人が本懐を遂げる「夜討」を付け、「忠臣蔵」との関わりを強く打ち出した。鶴屋南北作、国立劇場文芸研究会補綴(ほてい)。

 塩冶浪人の民谷伊右衛門(幸四郎)は高家家老、伊藤喜兵衛(友右衛門)に孫娘お梅(米吉)との縁談を持ちかけられ、妻お岩(染五郎)との離別を決意。お岩は喜兵衛のたくらみで毒を飲まされて憤死。伊右衛門は主人の小汐田又之丞(またのじょう)(錦之助)を助けるために秘伝の薬を盗もうとした小仏小平(染五郎)を殺害する。

 幸四郎が、他者への情が欠落した伊右衛門のえたいの知れない不気味さを出し、染五郎がお岩、小平、佐藤与茂七、南北、大星由良之助の5役をつとめる。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. 「朝、農場に入るのが怖い」 宮崎でまた鳥インフル 鹿児島でも関係者ら緊張高まる

  3. 大阪・北海道、11月の死者最多に 高齢施設、感染拡大 新型コロナ

  4. 日本新薬・大畑 主軸も務めたムードメーカーが4強進出後押し 都市対抗

  5. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです