メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホアプリ

災害時の避難判断に 青梅市が導入 /東京

 青梅市は、災害発生時に避難すべきかどうか判断する際に活用できる市民向けのスマートフォン・アプリ「ハザードマップ め組」の運用を始めた。災害警戒区域を表すハザードマップと全地球測位システム(GPS)を組み合わせた仕組みで、希望する市民は通信費を除き無料で利用できる。

 災害時に同市が発令する避難情報は、災害情報共有システム(Lアラート)を通じテレビ、インターネットなど複数メディアに配信されている…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです