メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士見町

テレワーク用「森のオフィス」開設 /長野

1階の会員用コワーキングスペースとオフィスのある2階は吹き抜けでつながっている=富士見森のオフィスで

 富士見町は、情報通信機器を利用して時間や場所にとらわれず働くテレワーク用の「富士見森のオフィス」を開設した。既に首都圏などの8社の利用が決まった。移住・定住促進策の一つで、小林一彦町長は「地方創生の有効なモデルとして、第二、第三のオフィスを構築したい」と意欲を見せた。総事業費は2億3000万円。

 オフィスは、武蔵野大(東京都)の林間学校用保養施設を借り受け、改修した。木造2階建て延べ676平方メートル。個室(約19平方メートル、定員4人)が8室ある。インターネット通信環境やオフィス家具を完備。1階に、会員用のコワーキングスペースや食堂・交…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです