メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士見町

テレワーク用「森のオフィス」開設 /長野

1階の会員用コワーキングスペースとオフィスのある2階は吹き抜けでつながっている=富士見森のオフィスで

 富士見町は、情報通信機器を利用して時間や場所にとらわれず働くテレワーク用の「富士見森のオフィス」を開設した。既に首都圏などの8社の利用が決まった。移住・定住促進策の一つで、小林一彦町長は「地方創生の有効なモデルとして、第二、第三のオフィスを構築したい」と意欲を見せた。総事業費は2億3000万円。

 オフィスは、武蔵野大(東京都)の林間学校用保養施設を借り受け、改修した。木造2階建て延べ676平方メートル。個室(約19平方メートル、定員4人)が8室ある。インターネット通信環境やオフィス家具を完備。1階に、会員用のコワーキングスペースや食堂・交…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「後任指名はできない仕組み」と反論 学術会議の梶田会長ら初の記者会見

  2. 大阪市財政局、4分割コスト増の試算撤回 市長、厳重注意で 都構想巡り

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

  4. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです