メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

「反日球」はどこへ=金子秀敏

 <moku−go>

 戦後70年の今年も最後の月。13日は、中国では1937年の南京事件犠牲者国家哀悼の日だった。中国語では「南京大屠殺(とさつ)死難者国家公祭(こうさい)日」という。

 「国家公祭」とは「過去に起きた重大な民族の災難を国家が記念する活動」という。民族の災難は中国にはいくらもありそうだが、今のところ国家公祭日はこれひとつ。昨年の第1回式典には習近平国家主席が出席した。

 今年は、「南京大虐殺文書」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録されて最初の年だったが、演説は李建国・全国人民代表大会(全人代)常務副委員長。共産党政治局常務委員の習主席に比べ、党政治局委員の李氏は格が一段低い。

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです