メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「会計」と「経理」と「財務」の違い

お金の出入りを記録、管理する場合は? 資金調達の担当は?

[PR]

八木「うわぁぁぁあ」
八木「あ……スミマセン。スミマセン。スミマセン……」 ケビン「八木サン、落ち着いてクダサーイ!」 八木「ス、スミマセン……。計算が合わなくて……。昨日の売上の計算が1円、合わなくて……」 ケビン「お店の売り上げのことデスネ? 毎日の『会計』業務お疲れ様デス」 八木「本当は数字が苦手なんです……。なのに、今度は銀行とお金の話をしなきゃいけなくて……」
ケビン「『財務』のお仕事もするんダネ。店長は大変デース」 八木「『財務』?」 ケビン「ソウデス。では今回は『会計』『経理』『財務』について解説シマスネ」
今回は企業の会計に関する用語を解説します。「会計」「経理」「財務」を取り上げます。 「会計」とはお金の出入りを記録、管理すること。日々の売上や支払いから、資金の管理まで広くお金に関わる業務を指します。 「経理」は「会計」業務の一部と考えていいでしょう。日々のお金の流れを管理し、まとめるのが「経理」業務です。
経費精算や請求書の処理、帳簿の作成などを行います。経理担当にお世話になっている人も多いのではないでしょうか。 ケビン「ちなみに僕の英会話教室では僕自身が経理を担当してイマース」 「財務」は企業の資金繰りを担います。金融機関などからの資金調達や運用が主な業務です。当然ながら、「財務」部門が資金調達を行う際には、「経理」部門が作成した帳簿が必要となるため、「財務」と「経理」は互いに協力しなければなりません。企業によっては「経理」と「財務」を同じ部署が担当することもありますね。
八木「資金調達だなんて……」
八木「そんな大それたことではないんです。スミマセン」 ケビン「いやいや、そんなことナイデショ」 八木「いやいや……。八木ブックスの2号店を出店したいと思いまして……。出過ぎたまねをスミマセン」 ケビン「やっぱり、やり手ジャナイデスカ!」
では、今回のまとめです。 「会計」とは、お金の出入りを記録、管理すること。 「経理」とは、日々のお金の流れを管理、まとめること。 「財務」とは、資金繰りを行うこと。
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです