メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

松山市・道後温泉(夏目漱石「坊っちゃん」) 湯のまちを愛し、愛され

「坊っちゃん」の時代の雰囲気が今も残る道後温泉本館=愛媛県松山市で、長尾真希子撮影

 今年は夏目漱石が中学の英語教師として愛媛・松山に赴任して、120年の節目の年だった。漱石の松山での生活はわずか1年だったものの、松山時代の体験を基に不朽の名作「坊っちゃん」は誕生した。「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」。そんな「坊っちゃん」の足取りを感じながら、漱石がこよなく愛した日本最古の湯・道後温泉を巡った。【長尾真希子】

 ガタン、ガタン……。漱石が「マッチ箱のような」と評した汽車を復元した「坊っちゃん列車」に揺られるこ…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1289文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです