メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

松山市・道後温泉(夏目漱石「坊っちゃん」) 松山市立子規記念博物館・竹田美喜館長(69)

「庶民目線」に松山人共感

 夏目漱石と正岡子規は、1895年8月から52日間、愚陀仏庵(ぐだぶつあん)で共に過ごしました。愚陀仏庵とは、漱石が愛媛県尋常中学(旧制松山中学・現県立松山東高校)在職中に住んでいた下宿の名称で漱石の俳号から取ったものです。英文学と国文学の天才2人が同じ屋根の下に暮らし切磋琢磨(せっさたくま)しました。漱石は、俳句を始め、創作の面白さに開眼、子規は、俳句文学宣言の論稿「俳諧大要」を世に問います。日本近代文学史の出発点がこの愚陀…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです