メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

kickoff

栃木SC クラブハウス開所 J2復帰へ、選手らテープカット /栃木

クラブハウスの開所を祝いテープカットする栃木SCの水沼富美男社長(中央)ら=宇都宮市白沢町の栃木SCクラブハウスで

 サッカーJ2栃木SCのクラブハウス(宇都宮市白沢町)の開所式が17日、行われた。

 水沼富美男社長は「コンパクトだがクラブハウスの機能は十分に備えている。練習環境も相当向上するので、来季は必ずJ2に戻ることができると確信している」とあいさつ。水沼社長、上野勝弘後援会長、GK竹重安希彦選手らがテープカットし、落成を祝った。

 クラブハウスは総工費約8000万円で、今年6月の着工から約6カ月かけて完成。延べ床面積約390平方メートルの平屋建てで、筋トレや負傷選手がリハビリを行うトレーニングルーム▽選手全員が使えるロッカールーム▽マッサージやテーピングなどを受けるメディカルルーム▽練習着などを洗うランドリールーム−−に加え、周辺住民を対象としたホームタウン活動などに使う多目的ルームがある。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 藤井が2冠奪取 王位戦の「封じ手」3通、計2250万円で落札 第4局は1500万円

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです