特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の甲子園100年

第1回出場校が記念大会 19日から

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 夏の全国高校野球大会が今夏100年を迎えたのを機に、第1回大会(1915年、大阪・豊中運動場)に出場した旧制中学10校の後身校のOBが19、20の両日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で「全国高等学校野球100周年記念大会」を開催する。「戦争で失われた部の歴史を埋めたい」「第2回以降は出場できずにいる母校のユニホームで甲子園に立ちたい」−−。聖地を目指して白球を追った元球児が、それぞれの思いを胸に集う。

 2008年から交流する広島国泰寺(旧広島中)と宇治山田(旧三重四中=通称・山田中)のOBが開催を企画。他の8校のOBを探し出して勧誘し、実現にこぎ着けた。100年前の初戦のカード計5試合を1試合90分で戦う。各チーム50人前後がベンチ入りの予定で、「打席は1人1回」など対戦チーム同士が合意したルールで実施する。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1122文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る