メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン大統領

「シリア空爆続行」 米にも一定の配慮

 【モスクワ真野森作】ロシアのプーチン大統領は17日、年末恒例の記者会見を開き、シリア情勢について「(正常化へ向けた)政治プロセスが始動するまで空爆を続ける」と語った。シリア空爆については、欧米諸国が「情勢を複雑化させる」として懸念を表明しており、国連人道問題調整事務所(OCHA)も「学校や医療施設が空爆されている」との報告をまとめているが、プーチン氏は批判を受け入れず、ロシア独自の軍事作戦を続行する姿勢を鮮明にした。

 プーチン氏は一方で、「我々のシリア和平に関するプランは重要な部分で米国のそれと一致している」と述べ…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1145文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです