メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輸送防護車

海外テロでの邦人対象に…陸自が配備

陸上自衛隊が配備した輸送防護車=群馬県榛東村の相馬原演習場で2015年12月17日午前11時40分、町田徳丈撮影

 海外でテロ事件や騒乱が起きた際に邦人を輸送する「輸送防護車」を陸上自衛隊が配備した。地面に仕掛けられた爆発物の衝撃にも耐える防護性の高い対テロ仕様だ。安全保障関連法に基づく新任務「在外邦人救出」や「駆け付け警護」にも将来的には使われる可能性がある。

 群馬県榛東(しんとう)村の相馬原(そうまがはら)演習場で17日あった在外邦人輸送訓練で初めて公開された。8人を収容できる輸送員用のスペースに邦人役を乗せ、陸自隊員が車両の天井窓から顔を出して警戒しながら走行した。

 自衛隊は当初、安保関連法で加わった在外邦人救出訓練を実施する予定だったが「拙速を避け慎重に」との政…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです