メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

織田作之助賞

堂垣園江さん、三浦しをんさん選ばれる

 第32回織田作之助賞(大阪市、大阪文学振興会、関西大学、パソナグループ、毎日新聞社主催、一心寺、ルーブル書店協賛)の選考会が17日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社で開かれ、堂垣園江さん(55)の「浪華古本屋騒動記」(講談社)と、三浦しをんさん(39)の「あの家に暮らす四人の女」(中央公論新社)が選ばれた。

 前者は大阪の古本屋で働く若者たちの物語。古地図に隠された「お宝」を求めて繰り広げられる人間模様を描く。後者は東京郊外の古い洋館で同居生活を送る女性4人の日常を、さまざまな視点でユーモラスにつづる。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 広島の住宅で女性が胸など刺され死亡 県警が殺人事件とみて捜査

  3. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです