メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・ものがたりの道

錦市場で年迎え=彬子女王

多くの人でにぎわう師走の錦市場=京都市中京区で、小松雄介撮影

 今年はいまひとつ秋を感じられないまま、いつの間にか冬がすぐそこにやってきていたような気がする。気付いたときには、お山の木々は赤や黄色の葉を落とし、街には冷たい北風が吹いていた。

 凍(い)てつく寒さの京の冬。でも、そのつらく厳しい響きとは裏腹に、冬を迎える師走の京都は、生き生きと輝きを増すような気がするのである。

 京都の街が輝く理由。それはやはり、お正月の準備が始まるからではないだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1496文字(全文1692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです