メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

師走の知恵

/4止 二日酔い対策 飲酒前後に水分補給を

 年末年始はお酒を飲む機会が増える時期。宴席でついつい盛り上がってしまうと、次の日に二日酔いで苦しい思いをすることも。お酒を楽しみながら二日酔いを防ぐ効果的な方法はあるのか?

 二日酔いはどんなメカニズムで発生するのだろうか。

 内科・外科を併設する大手町アビエスクリニック(東京都千代田区)の早田台史院長(48)によると、アルコールはほとんどが肝臓で代謝され、最終的に二酸化炭素と水に分解されて呼気や尿として体外に排出される。その過程で生じる「アセトアルデヒド」が頭痛や吐き気などの症状を引き起こす。また、アルコールによる利尿作用で脱水状態になり、全身の倦怠(けんたい)感や頭痛が起きるという。早田院長は「二日酔いを防止するためには、基本的にはお酒の量を極力抑えることです」と話す。

 それができるならば苦労はしない。他の方法は?

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1641文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  3. 地震で中断の「定時で帰ります」 25日放送 吉高さん被災地にエール
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 東電柏崎刈羽原発、18日夜の地震で「異常あり」と誤送信 柏崎市長が激怒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです