メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆の図

全国巡回の全容、明らかに 丸木美術館学芸員・岡村さん調査、出版 /埼玉

原爆の図第5部「少年少女」の前で、著書を手にする岡村さん=丸木美術館で

 丸木位里(1901〜95年)、俊(1912〜2000年)夫妻が共同制作した「原爆の図」などを展示する丸木美術館(東松山市)の学芸員、岡村幸宣さん(41)が、著書「《原爆の図》全国巡回」(新宿書房)を出版した。1950〜53年の約4年間だけでも、北海道から鹿児島まで170カ所以上で開かれた全国巡回展の全体像を初めて明らかにした。【中山信】

 同書の「あとがき」の中で、岡村さんは「人間の歴史上、多くの人の目に触れた絵画は数あれど、おそらく《原爆の図》ほど数多くの街に移動して展覧会が開かれた作品は、他にないだろう。『この絵を見せたい』『見たい』という熱い思いに突き動かされた人たちが奔(はし)り、国内外合わせて10年以上に及ぶ類例のない巡回展が生み出された」と指摘する。

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  5. 「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです