メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパンフェスティバル・イン・ベトナム

広めよう、魅力交流 深めよう、日越友好(その1)

日本の弁当の特徴について説明する藤野真紀子さん(中央)と渡辺美和子さん(左)

 「食」「ものづくり」「文化」を通じて、日本の良さを知ってもらう、ベトナム最大の日本プロモーションイベント「ジャパンフェスティバル イン ベトナム2015」(JFV2015、同実行委員会主催、実行委員長・武部勤氏)が11月14、15の両日、ベトナム・ホーチミン市で開催された。メイン会場「923公園」以外にも、「日越教育セミナー」「日本食フェスティバル」「世界のお巡りさんコンサート」など多彩な関連イベントも開かれた。JFV2015と関連イベントに計22万人(主催者発表)が訪れ、日本・ベトナム間の交流促進のためのイベントとなった。【河嶋浩司】

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. PCR陰性の20代を誤って陽性者の宿泊施設に 福岡市が陳謝

  3. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです