メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱気球

吉野ケ里で2機衝突し1機墜落2人重傷

 20日午前7時45分ごろ、佐賀県神埼市神埼町竹の農地に、熱気球が高さ約100メートルから墜落した。乗っていた会社員の島崎秀剛さん(44)と松尾雄一郎さん(48)=いずれも佐賀市=が足や腰の骨などを折る重傷を負った。命に別条はないという。

     県警神埼署によると、熱気球は、墜落現場から約2キロの吉野ケ里歴史公園をメーン会場に開かれた「バルーンフェスタ」の競技に参加していた。現場付近の上空で、真上を飛んでいた別の熱気球のゴンドラに接触し、その後、墜落したらしい。

     競技は、地表の目標地点にできるだけ正確に近付くという内容。現場近くの農地に目標地点が設定され、この競技には24機が参加していた。

     競技を主催した佐賀熱気球パイロット協会によると、ルール上は上の方にいる熱気球に回避義務がある。笹川和朗会長は「(来年秋に佐賀市で開催される)世界選手権に向け、安全管理の改善を検討したい」と話した。墜落現場近くの50代の女性は「競技があると多くの熱気球が飛んで来るが、ここで墜落事故が起きたのは初めて」と驚いていた。【松尾雅也、上田泰嗣】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです