特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の甲子園100年

第1回出場校が試合「後輩の責務」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今夏で創設100年を迎えた全国高校野球選手権大会の第1回大会(当時は全国中等学校優勝野球大会)に出場した10校の流れをくむ高校のOBが19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で“再現試合”を行った。広島国泰寺(旧広島中)OBで実行委員長の山本将司さん(50)は「高校野球がこういう始まり方をしたと伝えるのが後輩の責務」と意義を語った。

 大会は広島国泰寺と宇治山田(旧三重四中)のOB会が企画。発案から5年を経て、約600人が聖地に集結した。最初の大会が大阪府豊中村(現豊中市)で開催されたことから、浅利敬一郎・豊中市長がはかまとかんかん帽姿で当時の始球式を再現した。第1回大会と同じカードが組まれ、この日は広島中−鳥取中(現鳥取西)と秋田中(現秋田)−三重四中を実施。開幕戦では広島中が8−3で勝ち、100年前の雪辱を果たした。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文556文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る