メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと2015

はばたいて LGBTカップル・増原裕子さん、東小雪さん

東小雪さん(左)と増原裕子さん=東京都新宿区で、竹内幹撮影

 東京都渋谷区が今秋、同性カップルに発行を始めたパートナーシップ証明書。交付第1号の2人はクリアファイルに入れ、持ち歩く。「社会に認められている実感があり心強いんです」。増原さんが言えば、「その安心感で絆がより深まった感覚もあるよね」と東さんが受ける。姉妹にも親友同士にも見えるが、どこか違う。そう、もっと自然。

 一定の要件を満たせば区が「結婚に相当する関係」と認める。法的拘束力はないが、LGBT(性的少数者)の人たちは「賃貸住宅の契約時や病院で付き添う時に『家族です』と胸を張れる」と歓迎した。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  3. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  4. プロ野球・阪神、福留を戦力外の方針 球界最年長43歳

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです