メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド・トレジャー

特派員が選ぶ私の世界遺産 ブロードウェー・ミュージカル(米国・ニューヨーク) 俳優も観客も夢を見る

ビートルズの曲「I Saw Her Standing There」に乗り、踊る俳優たち=ニューヨークの劇場で2015年10月23日、misaki matsui提供

 ビートルズの代表曲「I Saw Her Standing There」のアップテンポなリズムが劇場内に響き、歌詞が流れた途端に観客は総立ちになった。「長い時間 彼女と見つめ合い おれは彼女と恋に落ちた」

 若い女性が1960年代にタイムスリップし、旅をしながら恋する物語のオフ・ブロードウェー・ミュージカル「トリップ・オブ・ラブ」は、60年代のヒット曲と華麗なダンスで観客を舞台へと引き込んでいく。

 本来、ブロードウェーというのは、マンハッタンを南北に斜めに走る通りの名称。その周辺に劇場が建ち並んでいることから、人々はミュージカルを語るとき、いつしか「ブロードウェー・ミュージカル」と呼ぶようになった。世界的な演劇の中心地で、俳優も観客も、この地で夢を見る。

この記事は有料記事です。

残り1169文字(全文1499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです