メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Interview

平幹二朗 「赦し」ない世界は終わる ギリシャ悲劇「王女メディア」来月東京で

 地の底から湧き上がるような怒り、嘆き、愛−−。人間のあらゆる感情が劇場空間を支配し、観客を揺さぶる。現代演劇界を長く牽引(けんいん)する平幹二朗。エウリピデスのギリシャ悲劇「王女メディア」(高橋睦郎修辞、高瀬久男・田尾下哲演出)を今秋から全国各地で上演している。メディアを初めて演じたのが37年前。「今年初めて、エウリピデスはもしかして人間が生きていくには『赦(ゆる)し』がないと世界は終わると思って書いたのかなあって思った。メディアには『赦し』がないから」。より深化したメディアと向き合う。

 コルキスの王女メディア(平)はイアーソン(山口馬木也)と恋に落ち、コリントスへと逃れたが、イアーソ…

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1288文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  3. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

  4. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

  5. 投資家の滝本哲史さん死去 47歳 京大客員准教授 「僕は君たちに武器を配りたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです