メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

男役から転身した実力派、月組トップ娘役・愛希れいか 長身生かし圧巻の踊り

月組公演「舞音」でマノンを演じる愛希れいか(中央)=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で、宮武祐希撮影

 かすみ草のように控えめに寄り添って、男役の魅力を引き立てる。そんな娘役のイメージを良い意味で裏切っているのが月組トップ娘役の愛希(まなき)れいか。14日に千秋楽を迎えた月組大劇場公演「舞音(マノン)」「ゴールデン・ジャズ」(東京宝塚劇場は来年1月3日〜2月14日)では、従来の娘役の域にとどまらない魅力あふれる舞台で観客を引きつけた。

 仏統治下のベトナムを舞台にした「舞音」でタイトルロールを務める愛希は、どこか物憂げな雰囲気を漂わせ…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです