メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

夢詩集 喜ばれる幸せ 元花組トップスター・蘭寿とむ

元花組トップスターの蘭寿とむ=久保玲撮影

 宝塚にいた18年間、目を閉じるといろいろな場面が浮かびます。中でも2011年にトップに就任し、初めて羽根を背負って大階段を下りた時の光景は鮮明に覚えています。それまで見上げることばかりで、初めての景色でしたが、とても温かい空間が広がっていました。

 その瞬間は感謝の気持ちしかありません。トップになることは自分一人の夢ではありません。応援してくれた方々に姿を見てもらえる喜びの方が大きかった。退団公演の千秋楽も、涙より、どれだけ自分が幸せか、最高の笑顔を見てほしいと思っていました。

 退団後は“自分”というものを考えるようになりました。自分自身をそのまま表現すれば良いのだと気づいて…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. ありがたや、ノリ自販機登場 佐賀空港に全国初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです