メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
宝塚ワールド

夢詩集 喜ばれる幸せ 元花組トップスター・蘭寿とむ

元花組トップスターの蘭寿とむ=久保玲撮影

 宝塚にいた18年間、目を閉じるといろいろな場面が浮かびます。中でも2011年にトップに就任し、初めて羽根を背負って大階段を下りた時の光景は鮮明に覚えています。それまで見上げることばかりで、初めての景色でしたが、とても温かい空間が広がっていました。

 その瞬間は感謝の気持ちしかありません。トップになることは自分一人の夢ではありません。応援してくれた方々に姿を見てもらえる喜びの方が大きかった。退団公演の千秋楽も、涙より、どれだけ自分が幸せか、最高の笑顔を見てほしいと思っていました。

 退団後は“自分”というものを考えるようになりました。自分自身をそのまま表現すれば良いのだと気づいて…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文631文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです