メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

短歌

私が選んだ今年の歌集

篠弘

 伊藤一彦『土と人と星』(砂子屋書房)▽小池光『思川の岸辺』(角川書店)▽内藤明『虚空の橋』(短歌研究社)▽加藤治郎『噴水塔』(角川書店)▽大口玲子『桜の木にのぼる人』(短歌研究社)

 永田和宏が岩波新書『近代秀歌』『現代秀歌』を出した後に『人生の節目で読んでほしい短歌』(NHK出版)をまとめたが、これらは入門書ではない。短歌の本質を見直す好著であって、口語偏重、虚構依存、恣意的表現に傾斜しがちな新人層にこそ熟読してもらいたい。いかに定型の調べを生かして人間を歌うか、その本質論をいまや共に考えたい。

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1052文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. ORICON NEWS HTB『チャンネルはそのまま!』民放連賞・最優秀賞の快挙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです