メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンクリ転倒死

離別23年、集中治療室で父と再会

亡くなった中山貢治さんの自宅から見つかったアルバムを見つめる美奈さん(左)と将太さん=大阪市内で2015年12月16日、大西岳彦撮影

 「パパ、もっと話したかった」。今年10月、大阪市住之江区の車道に置かれたコンクリートブロックにバイクが衝突した事件で、犠牲になった無職の中山貢治さん(51)の子3人が初めて毎日新聞の取材に応じた。家庭の事情で23年間、離ればなれだった父と子。中山さんの身の回りからは家族への思いが詰まったたくさんの遺品が見つかり、子らは「父ともう一度向き合う機会を奪われた」と悔しさをにじませた。

 「パパが大変な事故に遭ったらしい」。10月23日夕、次女の美奈さん(28)は長女の美月さん(30)から電話で伝えられた。駆け付けた病院の集中治療室で目にしたのは、23年前の面影すら確認できない父の姿。頭には白いガーゼが巻かれ、体には輸血や投薬のチューブがつながれていた。

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです