メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

民主党討論会でクリントン氏がトランプ氏批判

 【ワシントン西田進一郎】来年の米大統領選に向けた民主党候補者による第3回テレビ討論会が19日、東部ニューハンプシャー州で開かれた。同党支持層の5割を超える支持を得るクリントン前国務長官(68)に、サンダース上院議員(74)らがテロ対策などで論争を挑んだ。これに対し、クリントン氏は共和党や同党候補者指名争いで独走するトランプ氏(69)を批判するなど、本選を見据えて戦う姿勢を強くにじませた。

 クリントン氏は冒頭、「我々が(民主党政権で)成し遂げてきた進歩を共和党に巻き返されるのを防がなくてはならない」と述べた。共和党政権になれば、オバマ政権下で進めた医療保険制度改革(オバマケア)は廃止され、中間層ではなく最富裕層の税負担が軽減されると危機感を強調。党内で対立する候補との戦いではなく、共和党候補との本選に向けて民主党を引っ張る決意を示した形だ。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 欧州委、難民新制度提案「負担分担を」 欧州委員長「現在の制度、機能していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです