大分ザビエル像

制作者が違和感「イメージ違う」作り直し

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新しくなったザビエル像=JR大分駅前で2015年12月20日午後3時1分、池内敬芳撮影
新しくなったザビエル像=JR大分駅前で2015年12月20日午後3時1分、池内敬芳撮影

 今春開業したJR大分新駅ビル前に設置されたばかりの聖フランシスコ・ザビエル(1506〜52年)のブロンズ像が20日未明、新しい像に交換された。同じ型から鋳造され、前と大きさも形も同じだが、制作者の彫刻家、雨宮透さん(72)=山形市=が「自分のイメージと違う」と違和感を覚えて作り直した。制作を依頼した大分市は「交換しなくていいのでは」と困惑したが、費用全額を雨宮さんが負担して交換する異例の事態になった。

 市は駅前公園整備の一環として、当時の大分市などでキリスト教を布教したザビエル像の設置を計画。雨宮さんが約3年かけて構想を練り、おだやかな表情で両手を広げる像が3月21日に除幕された。だが雨宮さんは翌日から像の色合いなどの出来栄えに違和感を覚え、そのうち「作家として納得できない。自分の死後も残ると思うと、居ても立ってもいられない」心境になったという。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文630文字)

あわせて読みたい

注目の特集