メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラスト・藤井龍二

16原発26基が早期の再稼働目指す

 東京電力福島第1原発事故から5年近くが経過し、政府の「原発回帰路線」が進んでいます。政府は原発について、発電にかかる費用が安く、1日を通して安定的に電力を供給できる「ベースロード電源」と位置づけ、原子力規制委員会(規制委)の審査で安全性が確認されれば、再稼働を進める方針です。

 福島第1原発は2011年3月の東日本大震災で原子炉の運転を停止することはできましたが、停電の際に使う非常用発電機が津波の海水につかって壊れ、原子炉を冷やせなくなりました。この結果、原子炉の中の核燃料が溶け、放射性物質を周辺に出してしまいました。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1179文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです