メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

「公共秩序騒乱」人権派弁護士の刑猶予 世論に配慮、異例の判決

 【北京・石原聖】中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」への書き込みをめぐり公共秩序騒乱と民族の憎悪をあおった罪に問われた中国の人権派弁護士、浦志強氏の判決公判が22日開かれ、北京市第2中級人民法院(地裁)は懲役3年、執行猶予3年の判決を言い渡した。浦氏は上訴しない考えを示したという。

 中国では習近平指導部がインターネット上での言論規制を強化していることに対し、国内の改革派知識人や国際社会で懸念が広がっている。判決はこれらの世論を意識して量刑に配慮が加えられ、同様の事案と比べて異例の軽い判決になったとみられる。

 法院前には22日朝、支援者ら数十人が集まり「浦志強氏は悪くない」と訴えたが、警官らが外交官や海外メ…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文791文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです