メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津軽双花

/98=葉室麟 中川学・画

七(12)

 信枚は微笑した。

「ほう、御方は寂しいのか」

「はい、ひととの出会いは心楽しく満ち足りた思いが、いたしますが、やがては別れねばなりません。ひとは別れに向かって日々を過ごしているのかと思えば、寂しさは尽きぬものかと思います」

 満天姫はうなずきつつ、信枚の杯に銚子(ちょうし)で酒を満たした。信枚は酒を口に含んだ後に言った。

「されど、別れとは、また出会うためのものではあるまいか」

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文822文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです