メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども白書

鶴見版完成 保護者、教師ら小中高生1069人にアンケ 忙しすぎる日常など浮き彫り /神奈川

完成した「子ども白書」を持つ鶴見区子育て・教育懇談会のメンバーたち=横浜市鶴見区で

 横浜市鶴見区の教育関係者や子育て中の親らで構成する「鶴見区子育て・教育懇談会」が、家庭や学校などでの生活について区内に住む約1000人の子どもに聞いたアンケート調査の結果「子ども白書」をまとめた。忙しすぎる生活実態や携帯電話の普及状況など、現代の子どもを巡る日常の一端が浮き彫りになっている。【宇多川はるか】

 同会は、横浜市内の公立中学が荒れた1980年代後半、子どもの問題を地域で考えようと、鶴見区内の保護…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです