メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた記者日記

年末ワイド版/3 新潟水俣病 公式確認50年=真野敏幸 /新潟

胎児性患者と妊娠規制

 5月31日に公式確認から50年の節目を迎えた新潟水俣病。私がこの1年に書いた新潟水俣病に関連する記事は、約70本に上った。だが、それでもまだ書き切れていないことがある。1年の終わりに、これまで記事にする機会がなかった新潟水俣病の「妊娠規制」について取り上げたい。

 水俣病は、メチル水銀に汚染された魚介類を繰り返し食べることで発症する。妊娠中の女性が食べると、水銀が胎盤を通じて胎児に取り込まれ、生まれながらに水俣病を発症する「胎児性水俣病」となるケースも確認されている。熊本では数十人が胎児性として患者認定されているが、新潟で認定されているのはわずか1人。背景には、県が独自に行った妊娠規制があった。

 新潟水俣病1次訴訟(1967年提訴、71年原告勝訴)の公判記録や当時の県職員の日誌などによると、県…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文929文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです