メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浜岡原発

避難計画、最悪想定を 廃止訴訟弁護団、県に申し入れ /静岡

申し入れ書を手渡す浜岡原発廃止訴訟弁護団の鈴木敏弘代表(右)=静岡市葵区の県庁で

 中部電力浜岡原発(御前崎市)で重大事故が起きた場合に備えて県が策定中の広域避難計画を巡り、浜岡原発廃止訴訟弁護団(鈴木敏弘代表)は21日、「予想されうる最悪の想定に即した避難計画」などを求める申し入れ書を県に提出した。

 県が昨年4月に公表した広域避難シミュレーションの前提条件は、津波で一部道路が使えないとしている。一方「内陸部の被害」については、家屋倒壊などによる道路閉塞(へいそく)が考慮されるとしながらも「被害発生箇所の推定が困難」な…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  3. 人生は夕方から楽しくなる 作家 北方謙三さん 人間臭いキャラクター、どれも自分の分身

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです