メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

全日本選手権 前田が制す フリー65キロ級

男子フリースタイル65キロ級で藤波を破って優勝し、喜ぶ前田=和田大典撮影

 レスリング全日本選手権が21日、東京・代々木第2体育館で開幕し、初日は男女9階級があり、激戦の男子フリースタイル65キロ級は前田翔吾(クリナップ)が制した。

 同86キロ級優勝の松本真也(警視庁)、グレコローマンスタイル66キロ級を制した井上智裕(三恵海運)、同130キロ級覇者の園田新(拓大)を加えた4人は、来年8月のリオデジャネイロ五輪の出場枠獲得をかけた同3月のアジア予選(カザフスタン)の代表権を獲得した。

 9月の世界選手権銀メダルで女子63キロ級の川井梨紗子(至学館大)は、非五輪階級の60キロ級決勝で川…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです