メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点

自分を信じて リオ五輪、来年も攻める=体操・白井健三

 豊田国際(12、13日)ではH難度と判定された伸身リ・ジョンソン(後方伸身2回宙返り3回ひねり)に挑んだ。世界選手権の疲れも残っているので、試合で挑戦するのは来年に回そうとも思ったが、考え直した。来年に回したら間に合わない。(失敗の許されない)五輪を意識して守りに入るのは目に見えている。できるうちにやろうと思った。僕にとっての2016年はもう始まっている。

 13年世界選手権は床運動で優勝したが、その次の年は新たな跳躍技を加えようと思ったがやめてしまった。…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文931文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです