メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水球

五輪出場まで長かった 日本代表が帰国

 来年のリオデジャネイロ五輪の予選を兼ねた水球のアジア選手権を制し、1984年ロサンゼルス大会以来、32年ぶりの五輪切符を獲得した男子日本代表が21日、羽田空港着の航空機で帰国した。主将の志水祐介(ブルボンKZ)は「(五輪出場まで)長かったなという気持ち。試合終了前から涙が出て、後輩たちに『志水さん、まだ終わって…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 奈良で不明の女子高生保護、誘拐容疑で姉ら男女3人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです