メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カフェイン中毒死

九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲

 福岡大(福岡市)は21日、九州地方の20代前半の男性が昨年、カフェインを大量摂取し、中毒死したと発表した。解剖でカフェインの血中濃度が致死量に達していたことが分かったという。男性はカフェインを含む「エナジードリンク」と呼ばれる清涼飲料水を常飲していたほか、カフェイン錠剤も服用していた。解剖した同大の久保真一教授(法医学)は記者会見し「短期間の大量摂取は危険だ」と注意を呼びかけた。

 厚生労働省によると、過去10年間にカフェイン中毒による死亡例はない。久保教授は「自分の知る限り国内…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1156文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです