経団連会長

3万円給付の政府方針に苦言「ばらまきでは」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 経団連の榊原定征会長は21日の定例記者会見で、低所得の年金受給者に3万円を給付する政府方針について「感覚で言えば、3000億円のばらまきでは」と苦言を呈した。

 給付金は、政府が2015年度補正予算案に盛り込んだ。安倍晋三政権が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向けた施策の一つだが、来夏の参院選を見据えた高齢者対策…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

あわせて読みたい

注目の特集