リンガーハット

生ギョーザ箱詰め、ロボット試験導入へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
製造ラインを流れる生ギョーザをつかみ容器に詰める作業を行う双腕ロボットのイメージ図=リンガーハット提供
製造ラインを流れる生ギョーザをつかみ容器に詰める作業を行う双腕ロボットのイメージ図=リンガーハット提供

 長崎ちゃんぽん専門店を展開するリンガーハットは21日、生ギョーザ直売所で箱詰めロボットを来年1月中旬から試験導入すると発表した。衛生的な食品製造過程のアピールなどが狙い。期間は3カ月間で、導入結果を検証して来年度以降、ロボットの導入を推進していく方針。

 導入するのは、スイス重電大手のABB製の双腕ロボット…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

あわせて読みたい

注目の特集