東芝

7800人削減発表 最終赤字5500億円に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨む東芝の室町正志社長=東京都港区で2015年12月21日、小出洋平撮影
記者会見に臨む東芝の室町正志社長=東京都港区で2015年12月21日、小出洋平撮影

 不正会計問題を起こした東芝は21日、新たなリストラ策として家電部門を中心に国内外で計約7800人の人員削減を行い、2016年3月期連結決算で過去最大となる5500億円の最終(当期)赤字に転落するとの見通しを発表した。既に半導体部門で人員削減を決めており、今年度に決めた削減総数は1万600人に上る。

 人員削減は、業績が低迷している家電部門で約6800人、本社の管理部門で約1000人。早期退職募集や配置転換などを行う。割増退職金などの費用が発生するため、リーマン・ショックがあった09年3月期(3988億円)を大幅に上回る最終赤字を計上する。16年3月期の営業損益は34…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文716文字)

あわせて読みたい

注目の特集