メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国憲法裁

日韓協定、個人の請求権判断へ 23日

 【ソウル米村耕一】韓国憲法裁判所は21日、日本の植民地時代に徴用された韓国人男性の遺族が1965年の日韓請求権協定は韓国憲法に違反すると訴えた訴訟について23日に判断を下すと発表した。判断の内容によっては日韓関係に否定的な影響を与える可能性がありそうだ。

 日韓国交正常化の際に締結された請求権協定には、日本が韓国に経済協力を行うこととともに、韓国政府および韓国人の個人の請求権は「完全かつ最終的に解決された」と明記されてい…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです