安保関連法

三重県議会が「廃止」意見書可決…全国2例目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 三重県議会は21日、9月に成立した安全保障関連法について「各界から憲法違反の指摘があり、国民の理解も十分に得られていない」として、廃止または再検討を求める意見書を賛成多数で可決した。全国都道府県議会議長会によると、都道府県議会で同様の意見書が可決されたのは、岩手県議会に続いて2例目という。

 意見書は民主党系の県議会最大会派「新政…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文298文字)

あわせて読みたい

注目の特集