メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

来春にも違憲集団訴訟…弁護士ら参加呼びかけ

 全国の弁護士有志でつくる「安保法制違憲訴訟の会」が21日、安全保障関連法の違憲性を問う大規模な訴訟を来年春にも起こす方針を明らかにした。憲法に違反する安保法制に基づく自衛隊の出動や活動の差し止めと、憲法が保障する平和的生存権などの侵害で精神的苦痛を受けたとして国家賠償を求める。

 同会は安保関連法に反対する弁護士や元裁判官らで9月に結成され、現時点で約300人の弁護士が原告代理人になる意向を示しているという。原告には戦争体験者や基地・原発周辺住民、NGO関係者らを想定し、幅…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです